FC2ブログ

Entries

「音楽療法講座」終了!

長い頓挫をおゆるしください。
やっと再開です。すみません!


よしだじゅんこ先生講演会+005_convert_20100427025140


 一昨日4月25日(日)、ようやく春らしく薫ったやわらかな日差しと空気の中、自由学園明日館でよしだじゅんこ先生による「音楽療法講座」~日々を豊かにする音楽のアイディア~を開催した。

 大正10年に建てられ、現在重要文化財となっているフランク・ロイド・ライト設計による美しい校舎の小さな教室で、マイクを使わず受講者30名の皆さんがよしだ先生のお話を聴いたのは2時間。和やかなムードながら一つの塊になったような受講者全員の集中力は、2時間をほんの小さなお茶の時間くらいにしか感じさせない熱い充実を生んでいた。

 お集りの皆さんは、高校生から幼稚園教諭、保育士、ピアノ教師、介護福祉士、介護予防運動指導者、コーラス指導者、そして主婦、歌手の方まで様々でしたが、音楽療法の基本的な全体像と考え方や概念について、丁寧に具体例を交えながらお話くださったよしだ先生の歯切れ良くわかりやすい言葉の連なりは、受講の皆さんそれぞれの現場で触れ合う高齢者やこども、障害を持った方々との関わりや観察・洞察のあり方を想起させ、全身に沁み渡ってゆくのが目に見えるようだった。

 つくづく、音楽療法的な視座による人間観察や関わり方というものが、音楽療法という世界のものだけでないことを再認識した時間。人間が、どんな場所でどんな状態になって生活しているにしても、生まれたばかりの赤ん坊でも死の淵を彷徨いつつ歩いている病の人も、働き盛りで眠る時間も惜しいサラリーマンでも老後の時間を楽しみたい高齢者の夫婦でも、生きているこの時に自分の知るだけでないもっと別な喜びや豊かさに出会える扉が、音楽という魔法で開かれる可能性がある。それを知ることができるチャンスを提供できる人がいたなら、それが教師でも演奏家でも医師でも母親でも、どんな職業だとしても素晴らしい。

 だから今、音楽をそんなふうに尊い宝物として、生きる力を必要とする誰かに寄り添って提供できる人でありたい、と願う人が互いに交流しながら学び合ってつながることが大切だ。教師と医師、演奏家と介護士、芸人とカウンセラー、そんな互いがつながって学び合える場所を、Grace Placeはつくっていきたい。
音楽療法を学ぶのは音楽療法を行うため、ではなくて、誰もがよりよく生きるために音楽という神様からの特別な恵みを、喜んで差し出せる私になるためなんだ。

 受講の皆さん、いいムードの会にしてくださってありがとうございました!
懇親会も楽しかったですね~。これから何かが動きはじめそうで楽しみです。

コメント

[C145] 可能性

受講?しながら、理屈なく「音楽」って全てに与えられた「可能性」だと感じ入りながら聞いていました。
よしだじゅんこ先生の音楽療法の体験談から「語彙を増やすきっかけ・・・」等解りやすく自身が体験しているような空気感に包まれ自分の為に、また、受講したい思いで帰宅しました。
[アートコミュニティー]は、音楽だけでなく[アートを通して・・・]人との繋がりを提供してくれていて心地好さがありました。
その理由に、年齢や制限のない参加→「興味のある方」としてくれているのが私はとても入りやすかったです。
年齢・職業・その他諸々制限した勉強会が多い中、「興味」の扉を叩き・開いてくれる。
今後の内容も楽しみにしています。

[C146] Re: 可能性

イルカルカさま

コメントありがとうございます。
可能性を感じられる講座になったんですね。何よりでした。
「また受講したい」と思っていただけたのならこの講座開催は成功でしたね。よかったです。
どんなイベントでも、出演者(後援者)と参加者(受講者)と主催者があるわけですが、その三者の思いがどこか一点に向かって共通した性格を持っているなら、その会は一つの安心できる空気感をもたらすものだといつも思っています。それが噛み合ないと、イベントはつまらないものになるし、集った人も盛り上がらない・・。
先日の音楽療法講座は、そんな意味で主催者の私と、お話くださったよしだ先生、そして受講された皆さんが、音楽(またはアート)の人に与える見えない可能性を信じていて、もっと知りたい、触っていたい、という純粋な思いを持っていらしたことから、とても安心できる空間がつくられていたように思います。
安心できる空間というのは、誰にでもリラックスと希望をもたらしますよね。そういう空間でどんどん人々の可能性が開かれてゆくとうれしいです。Grace Placeは、そんな空間づくりをしたいんです~。
どうぞ、またいらしてください!そして、集まっている皆さんともつながってください。
お待ちしています。

  • 2010-04-30 00:21
  • yoshiring
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://graceplace.blog83.fc2.com/tb.php/92-fe0c7c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード