FC2ブログ

Entries

繋がって広いところへ

ペコタン2_convert_20100223011717

昨日は来客あり、一緒に昼食。
静かな午後を語り合いながら過ごした日曜日。

来訪のCちゃんとはかれこれ25年の付き合い。
出会いの不思議と、出会いによってもたらされた互いの人生の模様が、お互い無しには織り込まれなかったことを思う。
この人生の模様は、実に不思議で今では眺めていてきれいだと思える。
こんな模様、そうそう誰にでも織り込めるものではないぞと。

つくづく色々な人生がある、と感じた時間。
どの人生にも誰かの支えや助けがあって、助ける方も助けられる方もどちらも互いを必要になるってこと。
なくてはならない大切な存在だ。
支え合える存在は、何も具体的な手を差し伸べ合わなくても、もう互いが存在しているだけで十分な力になる。
想うことができるだけで、もう互いに力になっている。

そういう「互い」が広がっていけばいい。
思い合う力で繋がって、いつのまにか多くの存在に支えられている自分を知れば、その繋がりの確かさを喜ぶだけ。
そうやって喜びたいなあ。
そうやってしあわせだあ、と笑っていたいなあ。

そういえば、2000年2月22日の午後2時に、当時勤めていた会社で新人の面接をしたのを思い出した。
あの日Aさんと初めて面接で出会って、私は彼女を採用した。
あの2月22日に、人生で初めて激痛の腰痛で動けなくなって、夜半に救急で病院へ行ったことも思い出す。背中に8本も注射をしてもらったんだった・・・。記憶が甦る。
今日は2月22日。
10年経って、今では同じ職場というのでなく、Aさんとの関係がまた新しい姿ではじまろうとしていることに期待を感じたり・・。

人生の織りなす模様。
出会いが織り込んでくれる模様を、最近は味わう機会が増えている。
出会いは、模様のひと織りに終わるのでなく、織物全体を支配するくらいの繋がりを生むから素敵だ。
誰の人生も、そうやって出会いが繋がりを生んで、広がりと深まりを織り込んでいく美しい模様を創る時間なんだ。


Cちゃんは、ウチのペコタンのこどもを分けて持ち帰った。
ペコタンは、子宝草っていう種類の不思議な植物で、葉っぱの先にできたこどもが、そのまま土に落ちてそのまま根を生やして繁殖する元気な植物。
この子の家族が、Cちゃんのお家でも育つと思うと嬉しいな。
こうやって家族が増える。

繋がって家族になって助け合っていけるように、私たちは出会うわけだよね。
小さな短い人生、繋がりで広がっていきたい。
繋がれば、自分で考える人生よりはるかに広いところへ出ていける気がするから。



夫ですが、今夜からお仕事再開いたしました。
先ほど、無事に痛みもなく演奏して帰ってまいりました。
みなさんのご心配と応援、励まし、何より感謝いたします。
ありがとうございました!
ペンギンちゃん、もう転ばないでね~。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://graceplace.blog83.fc2.com/tb.php/81-7c45c80e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード