FC2ブログ

Entries

水の色

ずっと疑問に思っていたことで、なんとなくそのままにしていたこと。
ウチのお風呂のお水(お湯)が、とてもきれいな水色なこと。
こんなにきれいな水色だから、以前は常用していた色のつく入浴剤を入れるのはやめた。最近は水の色そのままにして、その色に触ったりかき混ぜたりすくったりして、きれいな我が家風呂の心地よさを味わっている。

だけど、どうしてウチのお風呂のお水はこんなにきれいな水色になるの?
昨夜やっと夫に聞いてみると、
「それはね、お水は水色だからだよ。」
「えええ===??!!お水って水色なの~?」
「そうだよ。水色は、水の色っていう意味だよ。」
「ええ==?だって、コップの水は水色じゃないよ。」
「コップは水の量が少ないからだよ。」
「水色の水なんて、他に見たことないよ。」
「プールの色も水色でしょ?」
「あれは、プールの内側の塗料の色じゃない?」
「いや、あれは水の色だよ。海だってそうでしょう?」
「ええ==??海は空の色が写っているんじゃないの?」
「あはは、いいねえ、そんな風に思えてしあわせだねえ~、、。」

とまあこんな調子で、私はまだ納得いかず、これから理解するための勉強をしないといけない。
水は透明だと思っていたのに、こんなにきれいな水色だったなんて。
それを知っただけで、水への思いが変化する。
水色の水なんて、そんなやさしさを飲んだりそんなやさしさで手を洗ったりしていたんだ。
やさしい水に出会ったら、水に触れる私もなぜかほんのり水色になる。
ああ、この家に越して来てよかった。
すべては、この真っ白で大きなバスタブのおかげ。

そして今夜も、まだ触れていない美しい水色をたたえたバスタブにうっとり見とれている私。

コメント

[C126] 水色

私も納得いかないなあ。

ふうむ。 わたしもしあわせもの?(笑)

  • 2010-02-13 09:30
  • YB
  • URL
  • 編集

[C127] しあわせもの

きっとしあわせものなんじゃない?
納得、、、。
できなくても、ま、いいかな。
でも、機会あるたびに確かめてみようと思います。はい。
  • 2010-02-14 19:43
  • yoshiring
  • URL
  • 編集

[C132]

はじめまして。
本文を読んで
私が中学生の時の美術の授業を思い出しました。

静物画を描いていた時のことです。
コップに入った水を水色に塗った生徒に対して美術の先生がこう言ったんです。

「水を描く時には水自体を描こうと思わないで
 水の向こう側に見えるものを描いてごらん。
 それが水を描くことなんだ。」

私にとって深イイ話でした。
水に限らずいろいろな場面で生かされるような言葉に思えました。
あの先生、元気かなぁ。
  • 2010-03-09 23:32
  • ピノコ
  • URL
  • 編集

[C134] Re: 出会いの宝物

ピノコさま

コメントをありがとうございます。
素敵な思い出と一緒に送ってくださり、とても嬉しかったです。
その中学校の美術の教室の匂いまで、私には伝わるお話です。
先生の声までも。

> 「水を描く時には水自体を描こうと思わないで
>  水の向こう側に見えるものを描いてごらん。
>  それが水を描くことなんだ。」
私など、水の向こう側ばかり見ていた子供でしたから、この言葉に救われます。

> 水に限らずいろいろな場面で生かされるような言葉に思えました。
ほんとうですほんとうです。
厳しい現実に直面している時など、美しいメロディの向こう側やとろけそうな曲線の彫刻の向こう側や、潔い色のコントラストのデザインの向こう側に、私のしあわせな居場所を見出して生きる至福を感じられることがよくあります。

すばらしい先生に出会われたんですね。
そういう出会いの宝物が、どんな時にも人生を助けてくれるんですよね。



  • 2010-03-10 01:17
  • yoshiring
  • URL
  • 編集

[C138]

こんばんは。
ピノコです。

  「水は水色なのか?」

私のブログ友達の記事で回答らしきものを見つけたので
ご興味があったら見てみてくださいまし。
yahooのブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/scaseuelke/24636055.html
  • 2010-03-19 00:05
  • ピノコ
  • URL
  • 編集

[C140] ほんとだ!

ピノコさま

見ました!
貴重な情報ありがとうございます。
ホントだったんですね。
わたし、正直なところ還暦おっとを疑っておりました。
今夜はちょっと褒めてあげたいと思います。
それにしても、
おもしろい本があるんですね。
手元に置いておきたくなりました!
お友達によろしくお伝えください。

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://graceplace.blog83.fc2.com/tb.php/78-6789aac9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード