FC2ブログ

Entries

コーヒーとジムとノート

手帳_convert_20100129020120

今年に入って、新たにはじめたことが2つ。
1つは、コーヒーをやめたこと。
もう1つは、念願のジム通いをはじめたこと。
そして、
ランクアップさせたい大切な習慣が1つ。
美しいノートを持ち歩くこと。

さてと。
もう30年以上もコーヒー中毒だった私が、いったいコーヒー無しでも生きられるのか?
数年前から漢方医に言われ続けてきたコーヒー断ち。
これまでの挑戦はことごとく失敗したものの、いよいよ自分のからだと向かい合おうと決めた今年。
自分のからだやらきもちやらを硬くしているものを、み~んな排除して、全身ひらがなみたいなやわらかさになってみたい、と思ったわけで。
まもなく1ヶ月。
ふむふむ、なんだかいいみたい。
紅茶の香りの贅沢を、繊細に楽しめるのも新たな発見で。

そしてジム。
フィットネスクラブと言うらしい・・・。
これはもう、体力増進としなやかなからだづくりのために。
この数年の不調なからだの循環から脱却して、よろこぶからだと出会いたくて。
ジムへ行ってまず気づいたのは、そこで働くスタッフの方たちの笑顔!
音楽系の世界で長く暮らしてきた私には、知らないジャンルの笑顔とムード。
いわゆる体育会系ということでもなく、とにかく爽やかで明るい。
こんな笑顔たちの中にいると、どんなトレーニングも楽しくなる。
わたし、単純だな~。
笑顔の力に魅せられて。。。

それからノート。
これは私のもっとも大切な場所。
どこに居ても、だれと会っても、何があっても、ことばを綴る場所が必要で、ノートはさながら持ち歩きの私の部屋だ。
この部屋は、私を瞬時に独りにさせてくれ、小さな椅子も用意され、心地よい香りと心地よい音、心地よい広さと心地よいデザインでできている。
今年は何より惹かれる色をそろえてみた。
黄色の扉を開くと、ぷくぷく明るい希望の部屋に入れるし、ピンクの扉を開ければ、ちょっとイケてる女の子になったりできる。オレンジの扉の向こうには、新しいともだちが待っていて、グリーンの扉をノックすると、ぐんぐん伸びる背が伸びる!・・・。そんな不思議な部屋たちを、いつでも持ち歩いているしあわせを、今年はもっとランクアップさせたいわけで。
あっ、酔っぱらった夫が帰ったきたから、私の部屋の扉は閉めようっと。

コメント

[C112] ノート

きれいな色ですねえ。外国製かなあ。

最後の一行が好きです。
  • 2010-01-29 07:20
  • YB
  • URL
  • 編集

[C113]

別に飲んだくれではないけど、この日はちょっと調子に乗り、ああ、前の晩におなか壊したのに懲りないワタシ。
  • 2010-01-29 23:24
  • イチハラ
  • URL
  • 編集

[C114] ノート

デザインに惹かれて手に入れるので、どこのものか考えたことはなかったです。
見てみると、一つはMOLESKINE。もうひとつはRollbahnでした。
Rollbahnは日本の会社の製品ですね。
私の場合、色とデザイン(サイズも)と、あとは中に横線が無いこと!これが重要。横線があるととにかく息苦しくて文字が書けません!
横線のあるノートだと、思考も想像力も創造力もみ~んな停止してしまいます・・。

で、気づいたら酔っぱらい夫もまたフィットネスクラブのことをブログに書いてました・・。「遊園地みたい!」と喜んでます(笑)よしよし。

  • 2010-01-30 01:16
  • yoshiring
  • URL
  • 編集

[C115] ノート

わたしもRollbahnのノート好きです。
横罫ではなくて、方眼なところと、
後ろにクリアぽけっとがついているところがお気に入りです。

最近、文字を書くことがとても楽しく感じられます。
  • 2010-01-30 11:15
  • ごま
  • URL
  • 編集

[C116] 文字を書く

そうそう、Rollbahnは方眼!
方眼は、どういうのか自由にさせますね。
私は断然、無地か方眼です。
方眼は、開くだけで何かどんどん書いてみたく(想ってみたく)なるんだから不思議です。
ノートのこだわりは、誰でも結構ありそうよね。

そして、文字を書くこと。
これは、人として必要な時空だと最近強く思います。
文字を書くと人間に戻れる。
書くことで、指先の神経から脳の神経細胞にイメージする力が与えられて、感情が動いて情緒が深い世界で落ち着いて呼吸するように思います。
書くことでしか捉えることのできない意味深い言葉(文字)の世界があるように思います。

手紙を書くとそれがよくわかる。
文字、書かないとね。
  • 2010-01-31 02:05
  • yoshiring
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://graceplace.blog83.fc2.com/tb.php/67-5eadd0eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード