FC2ブログ

Entries

多彩な年が

六本木クリスマス

この年も、残りわずかになりました。

義父が亡くなり、独りになった義母との貴重な時間を毎週満喫していたら、クリスマスの晩に今度は母(私の)が入院。
初日は病院へ泊まり込み、それから二人の妹たちと交互に病院へ通って今日でちょうど3日。どうやらこの生活が、年を越して新年幕開けを彩ってくれそうです。
今年もまた多彩な年だった・・・、などと思っていたら、新たに明ける年もまた多彩極まりなくなりそうな、そんな予感がしています。

母が倒れる前の晩、つまりクリスマスイヴの晩は、両親を連れて六本木ミッドタウンへ。美しいイルミネーションを見ながら妹夫婦ともう一人の妹と、初めて揃った家族皆での念願のディナー。美味とともにゆったりとした格別の時間を過ごした。
珍しいものを見ることができたと喜んでいた母と、これからどれだけ一緒に珍しいものを見たり食べたりできるだろう、と病室のベッドの脇で思ったりして。

多彩な年が行こうとして、多彩な年が来ようとしている。

楽しさも寂しさも
喜びも心配も
どれもがみな重なって
彩りを編んでくれ
時の重なりの多彩なこと
時がそうして
いくつも色の
襞をつくって揺れるなら
これからもっと
楽しみにしよう
明日の彩り
明日の色合い
明日の模様の
美しさ珍しさを

コメント

[C100]

「大変」はなぜか重なる時は重なるものです。

うーん・・なぜ、こんな時に・・(とか)。
先週は暇だったのに・・(とか)。
問題は1ずつにしてよー(とか)。
・・・誰でもそのような事を経験する様です。

そうゆう時は、まずは1つずつ取り組みましょう。
ゆっくり、焦らず、1つずつ。
1つ、1つ対応していけば必ず解決の糸口は見えてくるはず。
と、「大変」が重なった時、私も自分に命じます。

それにしてもお母様の入院は大変。
妹様たちと力を合わせて1つずつ乗り越えましょう。
お大切に。
  • 2009-12-29 23:00
  • P子さん
  • URL
  • 編集

[C101] なぜかいつも

P子さん

そうですね。
焦らず、一つずつ、力を合わせて・・・ですね。
ありがとうございます。

考えてみると、これまで私の人生は、なぜかいつも「大変」は重なりに重なって、しかも連なってやってくるものでした。
これくらいやってきたのだからもう無いだろうとホッとすると、すぐにまた重なって連なってやってくる。
さすがに最近は、「大変」の楽しみ方を覚えたのも本当です。

「大変」を乗り越えて乗り越えて、生きている実感を喜べる(ちょっと不謹慎かな)体質になったのでしょうか。
時間のやり繰りも、体力の調整も、心配や悲しみの処理の仕方も、な~んにも慣れたり上手くなったりしていませんが、どれも気持ちのままに我慢しないで思い切りやることにしています。
その方が、生きてる実感を感じられて充実するんです。
いや、それしかできない体質らしい。

・・・つまり、何も考えていないのですけど、気づくと夢中になっている。
それでいいかな。
でも、疲労しますね。
その疲労が充実かな。

母は少し落ち着きました。
  • 2009-12-30 00:43
  • yoshiring
  • URL
  • 編集

[C102] 乗り越えられる

「神様は、乗り越えられない試練は与えない」

よしみさんが、いつだったか教えてくださいました。

たしかに、そうだと思います。

人として生きていると、いろんなことがあるんだなぁと
思った1年でした。

でも、そこで感じて考えて学んだ事を「糧」にしていける
のもまた、人間なんだなぁと思ったのです。

来年も充実した日々となりますように。

そしてそして、「からきだの会(って勝手にネーミングしました)」をぜひお願いしたいです☆

[C103] 涙の分だけ

年が明けてしまいました。失礼・・。

> 「神様は、乗り越えられない試練は与えない」
そんな話ししたことあったねえ~。

ちょうど昨日読んだ詩篇にこんな言葉もありましたよ。
「涙とともに種を蒔く者は、
喜び叫びながら刈り取ろう。」(詩篇126:5)

言葉に尽くせない労苦や痛みがあるほど、刈り取り(受け取る恵み)は喜びに満ちているって。
だから、いっぱい涙を流して一生懸命一つひとつに向き合っていけたら、これからどんどん楽しみになります、喜びがいっぱいになるよ、必ず!

> そしてそして、「からきだの会(って勝手にネーミングしました)」をぜひお願いしたいです☆
わおうっ!
「からきだの会」、いいですね。
やりましょうやりましょう。
他にも誰か誘いますか。。。

  • 2010-01-05 00:13
  • yoshiring
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://graceplace.blog83.fc2.com/tb.php/61-30885150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード