FC2ブログ

Entries

今ごろの長いご報告

 100_0465_convert_20110311011401.jpg


 伺ってからもう一ヶ月が過ぎてしまいました。
こんなに遅いご報告でごめんなさい!

 去る2月5日(土)、愛知県犬山市のピアノの先生方(music field Mam:奥村まなぶ、m&s kokopelli:伊藤智津佳)の主催で、小学生とその親御さん、またピアノや幼児教育の指導者の方々を対象にリトミック講座が開催されました。初めてお目にかかる皆さんでしたが、楽しく講座を担当させていただきました。

 久しぶりの名古屋。冷たく澄んだ朝の空を仰いで新横浜から新幹線に乗車。名古屋で乗り換え、名鉄犬山線で初めての駅「江南」で下車し、迎えに来てくださった主催者の伊藤さんとお昼のレストランへ。そこでもう一人の主催者奥村さんと合流し、美味しいスパゲティをいただきました。
 昼食後、いよいよ会場の大口町健康文化センターへ。

 はじめに小学生の親子さんたちとリトミックのワークショップ。ほんの90分の活動はあっという間でしたが、初めての体験なのに集った親子みなさんがぎゅっ!っと集中した時間になりました。音を聴く前に、お互いに心を一つにして一つのタイムを共有する練習。同じタイムの中に存在しながらお互いに協力し合わないとできない作業を無言で行います。時間を共有することで結束する楽しさ、限られた時間の共有を感じ合いながら共に作業をする喜び。声は出さない、相談しない、無言の中で互いに目的を達成させようとする協力的姿勢を感じ合う喜び。こんな小さな練習が、音を聴く耳を創ってくれます。

 音を聴く耳の準備ができたら、今度は実際の音に即座に反応してみます。一人で反応するのでなく、誰かと一緒に反応を共有する。お互いに音の聴き方を表現し合いながら音楽はどんどん進みます。これはゲームでもあり、音楽を感じる表現セッションでもあり、コミュニケーションでもある。そうして次には声を出し、次にはもっと動きの種類が増え、次には聴き方のルールが複雑になってゆく。誰かと手をつなぎながら進む活動の中で、気づけば誰もが声を発せず耳に意識を集中して注意深く動いている。そんな中、瞬間瞬間に小さな達成感を味わうと、互いに笑い合い、互いに「やったね!」と合図し合い、「もう一回!」と心の中でリクエスト。

 リトミックのワークショップを行うたびに思うのは、「音を聴いて動く」というこの単純な活動くらい人と人の心を近づけるコミュニケーションの方法は存在しないのじゃないか、と感じることです。初めての出会いであっても、この小さな活動が、本当に大きくて豊かなコミュニケーションを生むのだから不思議です。「聴く」ことを誰かと一緒に行うことが、こんなに楽しくて、こんなにうれしい。誰かと一緒に聴いて感じ合うと、こんなに心が通い合う。緊張は解けて心も身体も解放される。言葉はいらない、音を一緒に聴ければいい。

 音楽の力だなあ、とつくづく思います。この力に出会えれば、人は自分の人生を結構頑張れるはずだ、とこの年になってわかるようになったのが、私が音楽に出会った収穫でしょうか。



100_0466_convert_20110311012137.jpg


 リトミックとの出会いはまさに、どんなに厳しい課題の多い人生の中でも、その厳しさや苦しさや哀しみや喜びを感じ合える人との出会いをもたらしてくれる瞬間がある、ということに気づけた事実にあります。それは必ずしも言葉による励ましやお金による援助ではないでしょうけれど、お金や言葉の具体性がないとしても、一緒に音楽を聴きながら音の中で互いの思いを感じ合える、互いの感じ方を聴き合える深いコミュニケーションが可能だという奇跡を知ることができたということは、音楽に出会った本当に意味を知らされた瞬間であったように思うのです。

 音楽ほど豊かで確かで尊い神様からのプレゼントはないなあ、、、とつくづく思います。
 大口町での皆さんとの初めての時間は、あまりにもあっという間で講座としては物足りない入り口に過ぎないものでしたが、参加された皆さんと私自身がこんなに短時間に親しくなれた現実こそ、音楽の力によるものでした。音楽が言葉以上の深いコミュニケーションを与えてくれる、ということに出会った時、私たちは気の遠くなるような奇跡をも信じられるようになるのじゃないだろうか・・・。それも必ず神様がくださる。

 こんな大袈裟な気持ちにもなったこの日の後半は、指導者の皆さんとメヌエットのステップを踊ったり、一緒にことばのリズムを楽しんで動いたり、ほんの少しだけ音とリズムによる動きの創作を一緒に味わいました。段取り悪く予定の半分もお話ができずに終えましたが、また次回お目にかかる課題が残ったかなと。

 
 何よりこの日、帯状疱疹を患っていた私は朝から顔の激痛を抱えて向かったにも関わらず、こうして音楽の魔法の力で講座を終えて帰宅するまで痛みの症状をまったく感じませんでした。本当に不思議なことでした。集ってくださった参加者の皆さんとの音楽の時間が、薬よりずっと効いたということです!本当にすばらしい。こういう作用があるのですよね・・・。
 ご参加の皆さん、この出会いに感謝いっぱいでした。ありがとうございました!またお目にかかれますように。



**************************************************
ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace

*************************************************

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://graceplace.blog83.fc2.com/tb.php/147-69bcdfed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード