FC2ブログ

Entries

『温故知新』コンサート

座・高円寺

28日、高円寺にできた新しい劇場「座・高円寺」で『温故知新』コンサートに出向いた。歌い手は、声優界のヒーロー立木文彦氏辻谷耕史氏。どういう経緯からか、選曲はいわゆる昭和歌謡。お二人とも私とまったく同じ世代だから、懐かしいとかいい曲だ!と感じるものが同じなのかどうか、昭和の名曲をかなりランダムに並べ、谷川賢作氏のJazzyなアレンジで楽しく歌った。
それにしても、昭和の歌というのは本当に沁みる歌詞とメロディでできている。
中でも、私の生まれた翌年にヒットした「恋のバカンス」。
リアルタイムで聴いたとは思えないのに、どういうわけかザ・ピーナッツの絶妙なハモリと一緒に記憶している。
改めて味わいたくなるのは私だけ?

♫~ ためいきの出るような あなたのくちづけに 甘い恋を夢みる 乙女ごころよ
金色にかがやく 熱い砂のうえで 裸で恋をしよう 人魚のように
陽にやけたほほよせて ささやいた約束は 二人だけの秘めごと ためいきが出ちゃう ~♫

この歌、尊敬する岩谷時子さんの作詞、作曲は彬良さんのお父さま宮川泰さん。
あのお二人で、沁みる歌をいくつも作っていらっしゃる。
沁みるって、なにかしら色のついた透明で冷たいものが、内臓の隅まで届くってことでしょう? 強烈な淋しさや苦しみや、人生の悲哀や恋の嘆きをうたったとして、内臓の隅まで全身に沁み渡っても、悲嘆に暮れて希望を失うのでなく元気をもらうのはなぜだろう。メロディのせいだろうか。悩ましい恋の歌でも、なんだか明るく感じるのは私だけかな。
こんな歌詞が書けたら、こんな仕事ができたらな・・。

この日、谷川賢作氏のアレンジは絶品で、バンド4名(ギター宮野弘紀、ベース吉野弘志、ドラム市原康)各氏の演奏は、そういう沁みる歌を明るく自由に奏でてくれてとても素敵だった。

そしてこの日、まったく知らない世界をひとつ経験。
会場を埋めたのは、声優お二人のファンの皆さん。これが若い女の子から中年らしき男性まで。つまりアニメ系ファンの方たち。私のまったく存じ上げない世界・・。全国各地からお仕事を休んでいらしたとか。
会場は、昭和の香りとは全然違った平成アニメファンの匂いがしていた。
彼女たちは、昭和の沁みる歌をどんな風に聴いたんだろう?

ああ、知らない世界があまりにもいっぱいある。

コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://graceplace.blog83.fc2.com/tb.php/12-67bacc79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード