FC2ブログ

Entries

『異議ある夫婦』黒鯛公演

異議ある夫婦

感動がまだ冷めないし、夢も覚めないからやっぱり書くことにした。

和泉ちぬさん率いる「黒鯛」のお芝居『異議ある夫婦』の千秋楽を観た。
最後のシーンを終えて、役者さんたち一人ひとりのカーテンコールに拍手をしていると、どうしようもなくこみあげてしまい、慌てて「どうしよう?」と隣の夫に助けを求めようとしたら、既に眼鏡をはずしてハンカチで目をごしごししていた。
説明できないのだけど、こういうのを感動というのだ。
動かされてしまったんだ。
からだの中のどこかがみんな。

芝居は本当に大らかで楽しかったし、何より役者さん一人ひとりが自由で、それでいてお芝居が不思議に深いのだ。生き物みたいにあったかくて、むくむくしていて軽快で、なぜか私まで自由になった。
終演後の打ち上げで、ちぬさんの元夫役をなさった佐藤正宏さんの言葉に、「ごっくん」と頷いてしまい、感動の意味を納得できたら、涙の意味が一気にわかってとぅる~ん・・と緩んですっかり嬉しくなってしまった私。

「“あこがれ”と“おそれ”を抱き続けていられる芝居をやりたくてやりたくて今の自分があるわけなんだけど、その“あこがれ”と“おそれ”を共有できる仲間に会える!なんてそんなことがあるっていうことがうれしくて・・・」と。

“あこがれ”と“おそれ”を共有できる・・・。
それだ!
この風船みたいにやわらかなパワーが、おひさまの方を向いてひまわりみたいに伸びていくのをずっと見ていたいと思った。
ぐんぐん伸びて、、大きく咲いて、きいろに笑って、元気をくれる。

あこがれていよう。
おそれていよう。
ぐんぐん伸びて大きく咲こう。
私もそのままでいよう。

ちぬさん、
黒鯛は、限りない海に泳いでどんどんつやつやになるんですね。
応援してますっ!




コメント

[C16] そういうのってすごいねー

全身で共感できるものに出会って泣けて仕方なかった気持ちを想像して ぞくっとしています。
  • 2009-07-30 11:19
  • YB
  • URL
  • 編集

[C17] いちばんのしあわせ

全身で共感できるものやひととの出会いを求めて毎日進んでいくのがいいなあ。
そういうところへ進んでいくのが。
自分の体の向きを、そっちの方へ向かせておきたい。
いつも。
それがいちばんのしあわせ
で、
いちばんのぜいたく
だね。
  • 2009-07-31 02:35
  • yoshiring
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://graceplace.blog83.fc2.com/tb.php/11-34fc17de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード