FC2ブログ

Entries

お日さまはヤギのように白くて

 

 100529ふきお花

 「夏の空は青く高く、お日さまはまだヤギのように白くて、午前中の時間がたっぷり残っていることを教えてくれています。」(「真昼なのに昏い部屋」江國香織 講談社)

 久しぶりに江國香織の小説を手にして、今日はこの一節で一日満ち足りた。
 満ち足りるということ自体たいへんなことのなのに、満ち足りながらこの午前中の幸福感がからだ中でふくらんでふくらんで充満している自分の状態を、いい感じだと思えて満足している私。その私が、電車の車内に居ながら感じる「ヤギのように白いお日さまの午前中」は、ヤギのミルクの匂いのする時の流れのおそろしくゆっくりな柔らかい午前だ。

 この一節に触れただけで、私の空想がどれほど遠くへ繰り出してしまうのか、私自身も知らないのだけど、これほどぴったり心地よく私の鍵穴にハマってしまう美しい一致の描写に出会ってしまえば、自ずと飛んで行ける場所や時代や空気や出来事があるものだ。私の知っているこの午前中を、江國さんはヤギの白で包んだ。嫉妬するなあ・・・。ヤギの白。
 汚れのない生まれたてのヤギの白。そういう光り輝く午前なのに、静かで穏やかでだれの声もしない。安心で守られている満ち足りた匂いがしている。


 TRIO’ツアーの報告もできないうちに、やはり思わず書かないといられなくなってしまった小さなつぶやき。言葉の海に出ていれば、たいていの疲れが取れるっていうのが、今日わかった真実。


 写真は、お隣のふきちゃんがベランダで摘んでくれたお花たち。
 ふきちゃんは、お花たちの蕾をいっぺんに開かせたみたいな目でいつも歌う。開いたお花たちがいっせいに喋りだしたみたいにぷるぷる話す。3歳だけど、お花みたいにもう全開で咲いている。
 小さな花瓶からお花たちのおしゃべりがきこえている。

コメント

[C153] すてき

「ヤギ」「白」「お日さま」むずかしい言葉はひとつもないのになあ。
う~~~~~~む。すごい。

「すごい」としか表現できない自分が・・情けなか。

  • 2010-06-02 18:14
  • YB
  • URL
  • 編集

[C154] Re: すてき

YBさま
コメントありがとう。

> 「ヤギ」「白」「お日さま」むずかしい言葉はひとつもないのになあ。
やさしいことばだからこそ、世界が広いし空気に淀みがないのですね。

ことばがつくる空気感といものが、小説を一つのしゃぼんだまのように危うい透明な異世界に仕立て上げている。とでも言えばいいかな。
異世界と言っても、すぐそこに見えているのに異世界なんだ。手の届くところにある異世界。
その点で、江國香織は絶品で、いつも嫉妬するわけです・・・。
もう20年以上も嫉妬し続けているわたしです。。。
  • 2010-06-04 01:11
  • yoshiring
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://graceplace.blog83.fc2.com/tb.php/102-3dd827e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード