FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杵巳会で歌いました!

杵巳会全員集合_convert_20110825004932

先日21日の日曜日、日本橋劇場で行われた人間国宝杵屋巳太郎さんの「杵巳流一門会」にJOYJOYリズムコーラスのこどもたちと私、みんなで参加させていただきました。
 と言っても、長唄を演奏したわけではなく、「特別企画 頑張れ日本!」という企画の中で、5月にレコーディング参加した「祈り」を歌うコーナーが設けられ、ZEROキッズのこどもさんたちと一緒に歌わせていただいたのです。
 当日は、ZEROキッズからの厳選された8名のこどもたちに混ざって、JOYJOYのちびっこキッズ3人も堂々と立派に合唱団員として役目を果たしました。4歳も5歳も8歳も、素晴らしい演奏をしてくれました。ブラボー!!



杵巳会本番1_convert_20110825010623

 杵屋巳太郎さんによるこの特別企画には、合唱団員としても歌っていらした朗読の飯島晶子さん、演出の飯田輝雄さん、そして作曲の谷川賢作さんを迎えて、この3年の杵巳流「未来への伝言チーム」の取り組みについてのお話や朗読などがあり、いよいよ合唱のお披露目。少人数での合唱でちょっと心配もありましたが、参加したこどもも大人たちもみんなが存分に声を出した感じで、会場には和やかに「祈り」の響きが広がりました。


 私も、これまで色々なところで歌わせていただきましたが、和服で歌ったのは初めて。しかも足袋で立って歌うという経験は、これからもできるかどうか。帯でぎゅっと締められたからだから出す声は、これはちょっと気持ちのよいものでした。
 そして「祈り」の合唱を会場全員で大合唱した後、日本人の心の歌「ふるさと」を歌いました。
 この時、谷川さんのピアノ伴奏といっしょに巳太郎先生方のお三味線が入ってくると、急にからだがやわらかくなるのを感じたのは私だけだったでしょうか。邦楽器の音の緩やかさとやわらかさ、この中で歌えたこともまた、すばらしい体験になりました。こどもたちのからだにも、きっと特別な感覚が走ったはずです。

 
 杵巳会本番3_<br />convert_20110825011233


 それにしてもこどもたち、着替えからリハーサルと長い待ち時間を経験して、もう眠くなりそうな頃の本番でしたが、親の心配をよそに堂々と元気に楽しんで舞台に立った姿は天晴れ!でした。
 これからが楽しみだわあ~~。

 お世話になりましたZEROキッズのお姉ちゃんたち、ZEROキッズのSさん、谷川さん、髪結いや着付けをしてくださったスタッフの皆さん、ありがとうございました。


  ********************************************
  ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace

  ********************************************



 
スポンサーサイト

新しい気づきのレコーディング。そして杵巳流一門会

 北上夜曲Rec1_convert_20110821090846


 昨日の晩まで3日間、岩渕まことさんの新しいアルバム「北上夜曲」のレコーディングのバンド録りは順調にいい音が録れました。演奏者4人の出す音とリズムの中に存在している見えない力が、聴く者に届いてくる不思議な魔力を帯びたアルバムになるなあと感じています。
 音楽の中で、演奏者もそれぞれ出会いと発見をしているのがわかります。新しい気づきに満ちた癒しと慰めと希望の一枚になるだろうな。。。


 さて今日は、JOYJOYリズムコーラスのこどもたちを連れて日本橋劇場へ。
 人間国宝の三味線奏者、杵屋巳太郎さんの杵巳流一門会で「祈り」を歌わせていただきます。
 浴衣でステージに立つのは初めてです。
 さて、こどもたちはどんなでしょう?浴衣姿、かわいいに決まっていますが・・・。

長唄杵巳会_convert_20110821090551


  **************************************************
  ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace

  *************************************************

おひさまの方を

 ひまわり2_convert_20110810085156

 おひさまの方を向いてさえいれば
 慌てなくてていい
 
 おひさまの方を向いてさえいれば
 笑い声がたえない

 おひさまの方を向いてさえいれば
 みんな元気だ

 おひさまの方を向いてさえいれば
 仲間が増える

 向かい合っていがみ合ったり
 向かい合って傷つけ合ったり
 するのじゃなく
 
 手をつないで
 おなじ方向を向いていよう
 夢中になって
 一心に
 
 ほら、なんて楽しいんだ!
 おひさまの方をいっしょに見ようよ
 そして
 手をつないでいよう
 
 
 
 
 

「スケッチブック」音源完成

 c2011-3_convert_20110807020759.jpg


 夜中になってやっと音源チェック終え、つい先ほどエンジニアのIさんに戻したところ。
 5月に録音したCD「ピアノのためのイメージ曲​集『スケッチブック』(佐藤敏直/作曲)、トラックダウン終了です。ピアノは東誠三​さん。本当に美しい透明な響きを残してくださいました。

 CD制作の過程で、何度も何度も聴くうちに、このCDを“音のポエム”と名付けてみました。ちょっと現実離れした音の色彩の世界が広がります。
 しゃぼん玉の中に入って世界を眺めたことがありますか?ちょっとそういう気持ちを味わえる、というような。



c2011-1_convert_20110807021038.jpg

 9/3(土)の、「佐藤敏直の世界~邦楽とピアノの響き~は、オペラシティリサイタルホールで開催します。
 私のプロデュースでの、佐藤敏直作品コンサートは、これが最後になるかなあ。
 そして、CD「スケッチブック」は、この日に発売です!
 みなさん、聴きにいらしてください!→http://www.otonomori.com/
 CDも聴いていただきたい逸品です。

 上記コンサートのチケットお申し込み、CDのご注文は、こちらまで→yoshimi@i-produce.net


  **************************************************
  ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace

  *************************************************


落ち着いた生活

 ベネッセ本社前_convert_20110803013814

 やってしまった。
 今日も、なんと大事なミーティングをすっかり忘れてすっぽかしてしまったのです。
 最近2回目の失敗。

 明日は、本当に久しぶりに自宅に一日いられる日だ!
 と昨夜から喜んで、溜まりに溜まった事務仕事やメールの返事や銀行、郵便局回り、買い物、洗濯・・・。
 そしてもちろん原稿書き、、、と思っていると、たった今メールをした相手から電話が鳴った。
 「早速に電話をありがとう!」と言った私に、泣きそうな声が
 「よしみさん、いまどちらですか?今日は10時からミーティングなんですが・・。メンバーみんな集っています!」と。
 えええ===?!
 手帳のメモは、明日の10時にミーティングと書いている。


 許されないなあ~~・・・。
 反省しながら10ヶ月ぶりくらいに銀行へ行ってみた。
 久しぶりの銀行は、入った瞬間なんだかいい空気。一瞬で日々の仕事の慌ただしさを忘れさせてくれたんだ。
 ふっとしっとり静かな椅子が、私を迎えてくれたわけ。
 15分もいただろうか。
 ほんの15分。落ち着いた私が銀行から出てくると、こどもたちの遊ぶ声。どんよりの空だけど、外の空気も落ち着いている。
 現実の中には、落ち着いた清らかさがいつもあるはず。
 この清らかさが、活力の源になる。
 
 

 急ぐのは嫌いだし
 慌てるのも好きじゃない
 焦る、ということばなんか
 聞くだけで胸がバクバクしてしまう
 わたしはきっと
 生来ゆっくり落ち着いていたいんだ
 
 そんなふうにわかったのは
 中学生の頃だった

 だからいつでも 詩を読むことにした
 試験の日も
 休み時間も
 放課後も
 友達を待つ教室でも
 そこにはいつも 
 現実のただ中の 静かで清らなエポックがあったんだ
 
 大人になったら
 それでも構わず
 忙しさがやってくる
 仕事は好きだし
 夢中になるととめられない

 だからこそ
 落ち着いた空気を吸うために
 一瞬でいいから
 どこか別の世界へ
 ぽっ と足を踏み入れればいいんだ
 きっと

 その瞬間
 ほら ちゃんと戻ってこられるからさ
 自由で カラフルで 笑い声のある
 ゆっくりとした広いところへ
 


                

   ※ 写真は、ベネッセ本社前で
  **************************************************
  ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace

  *************************************************



ジャズ幽霊さん

h01_convert_20110801000720.jpg

 ご無沙汰しすぎました。
 仕事の立て込んだ日常の中でぼんやりブログを綴りたいと思いながら、どうもそれが苦手です。
 今後は、もう少し違うスタンスでブログ綴りをしてみようかな・・。

 とまあ、あれこれ思っている間に、とうとう、黒鯛プロデュースの「ジャズ幽霊さん」の公演も終了してしまいました。
 お越しくださいました皆さま、本当にありがとうございました。
 お蔭さまで、楽しく熱い舞台になりました。
 たった一日の二回公演でしたが、どちらもほぼ満席。夜の部は立ち見になり、まるでジャズライブのような盛り上がりに。しあわせな時間でした。
 
 この面白ユニット「黒鯛」を率いる主演の和泉ちぬさんのインチキ霊媒師の存在感と演技、笑わせ、涙をさそい、素敵でした。そして、日本を代表する超常現象否定派科学者でテレビに出たがりの大学教授役の市原康。なんとか役者として二公演やりきりました。皆さんの声によれば、随分役者らしくなってしまった・・・とか。いやあ、たいへんだったのですが。。がんばりました。
そしてさらに、あのジャズジャズピアニスト前田憲男さん。これには本当に驚きました。流石でした!これまでの人生で、ピアニストとしてどれだけのライブをこなされてきたことかわかりませんが、その感性が見事に舞台役者としても発揮され、セリフは無くとも芝居の中心人物として圧倒的な演技力、演奏力、脱力、、、にただただ脱帽。。。

 
 私を虜にしたのは、役者さん作家さん制作スタッフみなさんの芝居を愛する純粋さ一途さ。
 その純粋と一途が、私をしばらく恍惚とさせています。
 みなさん本当にきらきらで美しく、芝居を愛して、仲間を愛して、自分の命を芝居に同化させているような、そんな透明な時間を生きている。その場に一緒にいさせてもらっただけで、その愛が私をつかんでしまいました。
美しくて美しくて、私も自分の時間をこうして愛の中で昇華させようと、今回もまた思ってしまったのです。

 「ジャズ幽霊さん」については、二人の岩渕さんがそれぞれブログに書いていますので、ご覧ください。
シンガーソングライターの岩渕まことさんのブログ。→こちらです。
サントーリホール支配人役で出演されていた私の大好きな役者さん、岩渕敏司さんのブログ。→こちらです。
 来年もまた、黒鯛プロデュースのお芝居をお楽しみに!
 みなさん、お疲れさまでした!!



 では、ちょっとこれから心を入れ替えて、ブログ綴りを見直してみよっと。。。


**************************************************
ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace

*************************************************

Appendix

プロフィール

市原よしみ/大谷よしみ(惠美)

Author:市原よしみ/大谷よしみ(惠美)
こどもたちお母さんたちと音楽をしながら、ことばを紡いだり、ぼんやりしたり、夢中になったりしています。美しいものに心を奪われて「きれい〜〜」と感じるのがとても好きです。うっとりしながら喜んで過ごす毎日の中で、どんどん繋がる新しい出会いに感謝して、神様からの恵みを数え笑顔で歌っています♪

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。