FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい世界がひらかれる瞬間

「美しい日本の歌」vol.10“わらべが丘”をめぐる詩人たち~ジャズピアノとともに綴る日本の童謡~を、東京文化会館小ホールで聴いた。
 日本の歌をうたう超日本の歌手!と言っていいだろう藍川由美さんの歌と、ジャズピアニストの福田重男さんの初の共演。福田さんは、TRIO'のピアニストとしても私のブログによく登場する美しい音色を奏でるジャズピアニストだ。この二人で共演なんて、白秋、雨情、夢二の詩による童謡とその作品を、いったいどう語ってくれるのだろう・・・。どちらの演奏者とも親しくさせていただいている私としては、正直心臓バクバクもので会場へ向かったのだったが・・・。
 
 さて、演奏は素晴らしかった!!
 何が?と言えば、歌をうたうことを共有している二人のつくる音楽が、心配をよそに十分に自由に泳いでくれたから。ジャンルの別など関係ない。この美しくやさしい詩の、何層にも折り重なる感情や思いの襞ゆえの単純なことばたちの語る世界を、両極にあるような二人の演奏家が見事に歌って泳いでくれた。 
 二人の泳ぎの波紋の姿は美しく、詩の広い想像世界を哀しいほどたゆたいながら心の深みに届けてくれた。届けられた聴衆は、自らも泳いだかのように泣いては漂い、酔ってはしばし波の底で心地よく眠ったりして・・。
 今宵は、月明かりを浴びながら静かに独り海に漂う幸福者になったような。


 新しい世界がひらかれる瞬間というものについて考える。今日はやはりそうした晩だった。
 新しい世界がひらかれるとき、そこには不思議な出会いの蔓が存在している。蔓は人であることもあり、時代や社会情勢のこともあるだろう。白秋、雨情、夢二の出会いもそのように不思議な縁で結ばれていた。考え方や生き方や生まれ育った環境や、創作への取り組みの手法も違った三人が、こうして出会ってつながりをもったあの時代。そのお蔭でいま、わたしたちにこの美しい言葉と世界が残されている。
 
 美しい魂のつながりは、どの時代にも不思議な引き寄せられ方ではじまり、社会にも影響を及ぼす歴史的な仕事をするのだ。ああ、その魂のつながりを、見逃さずに目をぱっちり開いていよう。そうすれば、新しい世界がひらかれる瞬間を、この目で見られる。いや、目だけでなく、耳も鼻も毛穴もすべてをぱっちりひらいて、その瞬間にかかわっていよう。


 さあ、明日27日は久しぶりの“アートコミュニティGrace Place”「勉強会」。
今しばらく音楽療法の視点から、音楽を使って人とかかわる手法や考え方について学びます。早稲田奉仕園キリスト教会館会議室で14時~。どなたでもご参加どうぞ。お気軽に!待ってます!

==================================

  ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace
スポンサーサイト

藍川由美さん&福田重男さんのコラボ演奏会!

 ご案内が遅くなってしまいました!
 来る6月26日の日曜日、藍川由美さんの「美しい日本のうた」シリーズVol.10 『“わらべがおか”をめぐる詩人たち』が開催されます。なんとジャズピアニスト福田重男さんの伴奏で藍川さんが童謡を歌います! 
 
 福田重男さん。
 そうです!もちろんTRIO’のピアニスト、あの福田重男さんです!今回は、「福田重男のジャズピアノとともに綴る日本の童謡」というサブタイトル。この日、北原白秋、野口雨情の作品とともに披露されるのは、竹久夢二の詩に藍川さんご自身が作曲された作品たち。大正時代に生まれた美しいことばたちは、この二人の共演でいったいどんな響きと色彩を放つのでしょう。とてもとても楽しみです!ぜひぜひ聴きに行きましょう!

日時:6月26日(土)19:00~
会場:東京文化会館小ホール
入場料:4,000円(全席指定)
詳しくはこちらを→藍川由美HP


 そして明日は、南大沢で親子リズムサークル!
 こどもたちとくるくる歌って動きます。お母さんたちのまるまるとした温かさでくるまれて。

今夜は歌声ペトラ

 歌声ペトラ_convert_20100622094111

 今夜は歌声ペトラです。
 19時~、御茶ノ水OCC地下アイリーンホールです。前々回から、ユーストリームでの中継がはじまって、全世界への中継が行われるようになっています。たいへんな時代になったなあ、、と改めて感じます。
 お時間あれば、是非集って一緒に賛美歌を歌いませんか?お時間の無い方は、ユーストリームから生中継でご覧になれます。
こちらです。

http://www.ustream.tv/channel/クリスちゃんねる

 今日の岩渕まことさんのブログもどうぞ。
こちら→「いわぶちまこと まことぼっくす」


==================================

  ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace

きゅうりで父の日

 きゅうり_convert_20100621070229

きゅうり2_convert_20100621070324

 昨日の父の日。
 父の趣味の菜園できゅうりを収穫。採れたてのいがいがきゅうりを持って病院へ。主はいなくても、なんとか元気に育っていたきゅうりを眺めてうれしそうな父。何よりの父の日のプレゼント。


 今日は高井戸で、「よしみ先生の親子リズムサークル」です!午前中には1~3歳、午後は3~5歳の子供たちと保護者の方たちみんなで音楽の中で楽しく動きます。

 さあ、今週は元気にいこうっと!

白の威厳

空、進む_convert_20100617020543

 
 今日、父が小さな手術を受けた。
今年に入って10キロ近く痩せてしまった父の体、すっかり小さくしわくちゃになって、手術前の浴衣の着替えに手を貸しながら、へこんだお腹とたるんだ皮に思わず絶句。そんな痩せた胴体を支えて上手く立つこともできなくなった両足は、頑丈だった時代の3分の1の細さになってベッドからたらんとぶら下げられる。その両足に血管収縮のための靴下を履かせながら、シーツの白と枕カバーの白、タオルの白、掛け布団カバーの白を見ていた。

 看護士さんは男性も多くなり、一様にきびきびとしかもやさしく対応してくださる。白のユニフォームはピンとすっきりプレスされて気持ちよく、白が看護士さんたち一人ひとりを潔く清くしているのがわかる。主治医のM先生とチームで診てくださる女医先生も、白に包まれて強くやさしい。
 手術室へ行く時は女性の看護士さん。手術室から戻る時は男性の看護士さんが付き添ってくださった。どちらも白が全身を誠実にして笑顔も声も白の清潔さで心地よい。

 白。
 白の持つ安心感は、母のやさしさと父の強さの両方だろうか。母の緻密さと父の鷹揚さ、母の厳しさと父の緩さ、母の広さと父の深さ、母の安定と父の緊張・・。白に囲まれていると、自分も清潔にされるのがわかった。余分な持ち物を捨てて、必要なものだけを持っていればそれで人生がすっきり清潔に単純に喜びに溢れることを教えてくれる。
 私の人生に必要なものだけを、毎日大切にすればいい。必要のないものに心を奪われず、捕われずにいればいい。白い色に包まれたなら、何も恐れずにそれが実行できるとわかった。

 もう随分以前に何度か訪れたハンガリーの幼稚園で、先生たちが白のワンピースでこどもたちとわらべうたを歌ってあそんでいたのを思い出した。あの人たちの誇りと信念が、あの白から強く響いてきたことと、こどもたちへの深く広い愛のあり方に心を奪われたことも一緒に思い出した今日。

 
 明日は、『よしみ先生の“親子リズムサークル”<南大沢クラス>』
 私も白い心をまとってこどもたちと歌おう。

==================================

  ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace

まんまんと膨らんで

 胡蝶蘭咲いた_convert_20100614020924

 今にも弾けそうにして、ぷりぷりに膨らんだまま何日過ごしただろう。胡蝶蘭の大きくまんまんと膨らんだ蕾が、もう飛び出しますと言って昨日の夕方ぷはっと開いた。音も無く秘かだけれど、抱えていた大きな秘密をぷはっ!と全身から吐き出して、閉じた蕾を弾いて割って、しまっていた真実を、自らあからさまに見せることにしたのだと宣言しながら、それでも遠慮がちに静かに開いた。
 俯きがちな開花はなぜか、傍らに居るものを心配にさせる色香を帯びて、明日にはまた閉じてしまいはしないだろうかと憶測させる果敢なげなものだったのに、今朝目を覚ますと、なんとまあ大胆にも大きく両羽を広げてそこにいた。

 リビングは、今朝現れた主人公にめろめろで、この女主人を中心に時間が流れた。ぷりぷりに膨らんだ蕾の時間は、この女に何を与えたのだろう。必要のない秘密は捨てて自らを広げて開け放し、それでも品性を確かに持って厳かに大胆に新しい花として生きる尊厳。この尊厳は、空気を清浄にする。
 
 我が家は今日から、空気清浄機を必要としない。過去も未来もすべてをあずけて、今を生きることにだけ全霊を傾けた潔い開花が、美しい空気を生んでいるから。


 ああ、ぷるぷるの蕾はいいなあ。
 膨らむことが大切なんだ。まんまんと膨らんでいれば、飛び出す扉がぷはっと開く。開かれるために、わたしもいつもまんまんと膨らんでいよう。


 ツイッターはこちら→http://twitter.com/yoshimigrace

ツイッターを

とうとうはじめました!
ツイッターは、こちらです↓
http://twitter.com/yoshimigrace

これから横浜へ出かけます!

いのちのエネルギーに触れるとき

PAF2010_convert_20100612020428.jpg

 
 こどもの城青山円形劇場でPAF2010(Performing Arts Fair 2010 )を観て帰った。玉川大学芸術学部パフォーミングアーツ学科の学生たちによる発表公演だ。
 素敵だった。
 若さのエネルギーが、ほとばしる汗と笑顔と生きる喜びを飛び散らせていたからだけではない。この学生たちを愛して育て、演劇を音楽をダンスを表現を伝える喜びを愛して止まない指導陣の情熱が、演じる学生達の向こう側で熱く燃えているのを感じて興奮したからだ。
 舞台上で燃える若いいのちは、この若さに本当のいのちを吹き込んでいるもっと熱い大人たちに出会ったんだ。しあわせだ。この出会いこそ、人々に生きる勇気と元気を与える源になる。
 私も今夜、この燃えるいのちの若者たちから強いエネルギーを確かにもらった。うれしくて震えるような、軽やかな足どりで踊りながら笑ってしまうような、重くない軽快なエネルギー。悪くないじゃないか。これからの時代も、まだまだもっと楽しそうじゃないか!
 
 そして、今夜の素晴らしい舞台へ招いてくださった、私の大好きな役者で歌手で素敵なお父さんの小森創介さんは、いのちのエネルギーの炎をやっぱりもうもうと燃やしながら、笑って跳ねて軽々と若者たちと歌っていた。生きているっていいなあ。生きているいのちに触れると、誰だって話しがしたくなる。誰だって明日が待ち遠しくなるものなんだ。こどもたちが、みんなこうして生きているいのちの炎に出会ってほしい。

 
 さあ、明日は生まれたてのいのちのエネルギーたちと歌って踊るぞ!
 明日6月12日(土)は、横浜市青葉区の「青葉台コミュニティハウス本の家」で『よしみ先生と一緒に歌って♪動いて♪ラララン ファミリー♪』(対象:1~3歳の親子、10:45~)がスタートします!月に1回の新しい活動です。来月7月は、7月17日(土)に開催。お近くの方、どうぞご参加ください!
 お問合せは、
m-c-nodoka@hotmail.co.jpミュージックサークル和<のどか>
runon-chie461@h00.itscom.net(Dolce)
まで。

雪だるまの雪子ちゃん

雪子ちゃん新_convert_20100605191014


 読んでいない作品は無かったはずなのに、一冊だけあったのです。ああ、昨年買いそびれていた作品が。

 そうして慌てて手にしたのが「雪だるまの雪子ちゃん」(江國香織/偕成社)。
 長編の童話。野生の雪だるま、雪子ちゃんのお話です。

 結局、わたしの中に住んでいる誰かが、やっぱり「雪子ちゃんだったのか!」とわかってしまったこと。
 結局、わたしの中に住んでいる誰かが、「たのしくてしかたない!」と思ったとき、「きもちいいーっ」「おもしろいーっ」と叫んでいたとわかったこと。
 結局、わたしの中に住んでる誰かが、「ああ、わくわくする。こんな夜に眠るのなんて、もったいない」と言っていたんだ、とわかったこと。
 結局、わたしの中に住んでる誰かの中から、くくく、くすくす、くははは、あははは、と湧き上がる音があるとわかったこと。


 江國さんの童話はいつも、わたしを奇妙に安心させる。どのお話しに登場する主人公も、わたしの中にいる誰かだったのだとわかるからだ。わたしの中に住んでいる誰かは、こんなところでちゃんと人々にお披露目されるだなんて、なんと幸運なことだろう。わたしが自分で綴ればいいのに、なぜ江國さんが知っていて、江國さんがお話してくれるのだろう。そんな不思議もありながら、それでもみんなうれしそうにお話の主人公を演じている。

 雪子ちゃんを包む本の装丁が、これはもうずっと持ち歩いてしまいたいような山本容子さんの美しい銅板画。
 読んでは閉じ、読んでは閉じして表紙を眺めて触って想う。表紙を覆っているカヴァーを外せば本本体の装丁が、これまた美しく鮮やかな花々の彩り。また触って眺めて想って宙を見る。それからゆっくり戻って文字に目を落とす。するとそこに、雪だるまであるよころびをまるまると抱えた雪子ちゃんが「はりきらなくちゃ」と立っている。
 こんなふうにゆっくり読める本はしあわせの象徴だ。
 
 「雪は雪だるまにとって、天からの励ましのようなものです。」
 ってあったけど、本はわたしにとって、神様からの助けのようなものだ。どんなときにも、本からこぼれてくることばたちが、わたしをしあわせにするからだ。どんな難題に直面していても、どんな緊急事態に巻き込まれていても、どんなに傷ついて誰の慰めもほしくないときも、確実にわたしをしあわせにする。
 それはちょうど、雪子ちゃんが雪の中に立ってよろこんでいる姿に似ている。雪子ちゃんが、天からの雪をまとってまるまるよろこんではりきっているように、わたしも本からこぼれることばをまとってまるまるよろこんではりきっていよう。

お日さまはヤギのように白くて

 

 100529ふきお花

 「夏の空は青く高く、お日さまはまだヤギのように白くて、午前中の時間がたっぷり残っていることを教えてくれています。」(「真昼なのに昏い部屋」江國香織 講談社)

 久しぶりに江國香織の小説を手にして、今日はこの一節で一日満ち足りた。
 満ち足りるということ自体たいへんなことのなのに、満ち足りながらこの午前中の幸福感がからだ中でふくらんでふくらんで充満している自分の状態を、いい感じだと思えて満足している私。その私が、電車の車内に居ながら感じる「ヤギのように白いお日さまの午前中」は、ヤギのミルクの匂いのする時の流れのおそろしくゆっくりな柔らかい午前だ。

 この一節に触れただけで、私の空想がどれほど遠くへ繰り出してしまうのか、私自身も知らないのだけど、これほどぴったり心地よく私の鍵穴にハマってしまう美しい一致の描写に出会ってしまえば、自ずと飛んで行ける場所や時代や空気や出来事があるものだ。私の知っているこの午前中を、江國さんはヤギの白で包んだ。嫉妬するなあ・・・。ヤギの白。
 汚れのない生まれたてのヤギの白。そういう光り輝く午前なのに、静かで穏やかでだれの声もしない。安心で守られている満ち足りた匂いがしている。


 TRIO’ツアーの報告もできないうちに、やはり思わず書かないといられなくなってしまった小さなつぶやき。言葉の海に出ていれば、たいていの疲れが取れるっていうのが、今日わかった真実。


 写真は、お隣のふきちゃんがベランダで摘んでくれたお花たち。
 ふきちゃんは、お花たちの蕾をいっぺんに開かせたみたいな目でいつも歌う。開いたお花たちがいっせいに喋りだしたみたいにぷるぷる話す。3歳だけど、お花みたいにもう全開で咲いている。
 小さな花瓶からお花たちのおしゃべりがきこえている。

Appendix

プロフィール

市原よしみ/大谷よしみ(惠美)

Author:市原よしみ/大谷よしみ(惠美)
こどもたちお母さんたちと音楽をしながら、ことばを紡いだり、ぼんやりしたり、夢中になったりしています。美しいものに心を奪われて「きれい〜〜」と感じるのがとても好きです。うっとりしながら喜んで過ごす毎日の中で、どんどん繋がる新しい出会いに感謝して、神様からの恵みを数え笑顔で歌っています♪

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。