FC2ブログ

Entries

義父の召天

父召天の朝

義父(以下父)が天に帰った。
87歳。
11月18日の朝だった。
穏やかで静かでやさしく、仕事人間だった父。
義母(以下母)を大切にし、母に愛された父。

優秀だったひとり息子が、プロドラマーになると言ったら、
「勘当だ!」と言ってしばらく息子と距離を置いた父。
認知症が進んで入所していた老人ホームを訪ねると、いつも「よお!」と
片手を上げた父。
唄をうたって、テーブルをポンポコポンポコ叩いていた父。
その手でほっぺを叩いておどけ、その手でハーモニカを握っていた父。
その手で、帰ろうとする母の手をぎゅっと握って離さなかった父。

「お父さん、イエス様を信じますか?」と問われて、「あったりまえでしょ!」と言って洗礼を受けた父。
母がいると、それだけで安心していた父。
ジェスチャーつきで、よくおしゃべりした父。
ご飯を食べると眠くなる父。
笑っていた父。
淋しそうな父。
こらえている父。
機嫌のいい父。
会話の途中で、ふっと遠くを見ていた父。


私が着くと、父は静かに目を閉じてもう黙ってふとんに寝ていたけれど、
だんだん冷たくなっていく父に、母がずっと話しかけ、父はそれを心地よく
音楽みたいに聞いているのがよくわかった
「お父さん、お父さんに会えて私は本当にしあわせだったよ。ありがとうありがとう。お父さんのご用事は終わったんですね。もう天国へ行かれたんだから安心だよ。イエス様といっしょにいられてよかったね。本当にありがとうありがとう。もう天国でお母さまと会いなさったかね?私はもうしばらくこの地上でご用をさせていただくことにしますよ。お父さん、どうぞどうぞ見守ってください。・・・・」

母の献身的な愛の介護に応えて、苦しまず、騒がず、一人で静かに召された父。
深い悲しみは一時で、母はただただ感謝を捧げ、葬儀はやわらかで満たされた光の時となった。
こんなに美しい最期を、私はこれまでに知らない。
ああ、神様。
あなたに仕えて、あなたに生かされ、あなたに導かれることの幸いを感謝します。

そしてお父さん、
TRIO’のツアーを最後まで見届け、盛況に終えるのを喜んで待ってから旅立たれた愛に感謝します。
そしてお母さんとの、愛の歩みを間近に見せてくださってありがとう。
生きるのも死ぬのも、騒がずにただ受け取って神様のご用をさせていただく平安を、見せてくださってありがとう。
そして、丁寧に育てたやさしい息子を残してくださってありがとう。
葬儀で、息子のドラムを聴かれたでしょう?
勘当!は感動になりました!(笑)。
私も、感謝して歌いました。
お父さん、お父さんに出会えてしあわせでした。
お母さんを大切にします。
お母さんに、愛と謙虚と素直と祈りを教えてもらうことにします。
その中でも特に愛を。


*写真は、父の召天11月18日の朝。
*TRIO'ツアーのご報告は、またまとめて。
*しばらく名古屋の実家を行き来しますので、ブログはさぼりがちになりますが、応援よろしくお願いします



盛岡・SPEAK LOW 終了。

盛岡の皆さん、ありがとうございました!
SPEAL LOW 20周年記念ライブということで、超満員のお客さまに迎えられて、東北4カ所最後の今夜を、TRIO'メンバー熱く演奏し終えることができました。
演奏後も、熱さの消えないお客様たちに感謝いっぱいのTRIO'でした。

そして明日は一気に関西へ。
とにかく3人さま、今夜は早く寝てくださいよ。
まだお店から帰っていない御仁もあり・・・。

明後日高槻のライブは、昼間の本番。
ちゃんと起きて演奏しないといけませんから!

高槻の皆さん、待っていてくださ~い。


秋田・CAT WALK ありがとう。

TRIO'ツアー4日目秋田・CAT WALKでのライブ、お蔭様で満席御礼にて無事終了。
2 年前に続いて2回目の訪問でしたが、半分くらいがリピーターになってくださり、嬉しい聴き手の皆さんにメンバーも励まされ、元気に皆さんと触れ合えたライブ。
お世話役をしてくださった皆さん、感謝感謝です。

東北最後の明晩は、盛岡。
メンバーそろそろ旅の疲れが出てきたかな・・と、ちょっと心配。
しっかり眠る時間もつくらないと!
でも何故か3人とも食欲だけはばっちりあるみたい。。。
ま、いいか。

茶屋・東門で感謝なライブ

仙台ライブ2ブログjpg

仙台ライブ1ブログjpg

仙台ライブ放送

仙台ライブ3ブログ

ツアー3日目。
青森階上町の茶屋・東門のマスターは宮司さん。
「参拝の後、心静かにおくつろぎください」とHPにある通り、静まる癒しの空間。
前日のホテルライブとは打って変わって、少人数の静かなライブとなりました。
温かいファンでいてくださる皆さんの静かながら熱い聴き方に、メンバーも思わず熱くなった夜。
TRIO’の演奏が一番好き、と言ってくださるマスターと家族のようなお客様たちに感謝なひと時となりました。
マスター、ライブ後に「階上早生」という名物のお蕎麦をメンバーに食べさせてくださって、これまた感謝でした!


で、写真は、前夜仙台での復興支援ライブのテレビニュース放映場面。
3枚目は、インタビューに答えるリーダー市原。
4枚目は、最もお世話になった栗駒五湯復興の会、温湯(ぬるゆ)温泉佐藤旅館の佐藤研一さんと談笑するメンバー。
佐藤旅館が再開したら、是非みんなで行きましょう!行きましょう!

仙台ライブ終了

TRIO’秋のツアー2日目。
仙台栗原被災地区・五湯の会復興支援ライブ、超満席にて無事終了。

予定のキャパを大幅に上回り、130人強のお客様にいらしていただきました。
聴きにいらしてくださった皆さま、ありがとうございました。
そして、栗駒市栗駒五湯復興の会の皆さん、花山復興の会「がんばっぺ」の方々、準備段階から今日の打ち上げまで(実はこうして書いている時間もまだ打ち上げ中・・)お疲れさまでした。
素晴らしいお客様たちにお出でいただき、本当にいいライブになりました。ジャズは初めて!という方も多かったのですが、帰り際に、本当に楽しかったです!素晴らしかったです。癒されました・・・。とお声を掛けてくださり、何より嬉しいことでした。
今夜のエネルギーが、少しでも震災復興のための勇気と希望と実際の支援になれば、こんなに嬉しいことはありません。
皆さん、どうぞこれからも頑張ってください!
復興したら、メンバーみんなで温泉に泊まりにきます!

それにしても寒い!!!
明日は青森。途中から雪かな・・。
安全運転安全運転・・・。

TRIO'秋のツアーはじまりました!

レザールブログ

TRIO’(市原康ds,福田重男pf,森泰人bass)秋のツアー、初日無事終了。
東京は代官山のレザールは、いつものコアなお客様に、今夜は新しいお客様にも多くいらしていただき、とてもいいムードでスタート。
演奏もまたひと味ふた味み味・・くらい変わって小気味いい三人のサウンド。
3月以来の顔合わせということで(あ、先月Closedで1回やりました!)、リハーサルを2時間とっていたのに、途中事故で渋滞し市原は大遅刻。で、リハは15分あったかなかったか・・・。
ですが、本番はとてもよかったのです。
リハなくてもいいのかな・・??

明日は仙台。
寒いので心配ながら、大勢のお客様が待ってくださっていますから元気つけてまいります!


TRIO’は私のディレクションしているジャズトリオで、リーダーはオット市原康です。TRIO’について、また今日からのツアー詳細は、
こちら↓
市原のホームページTRIO’ページでご覧いただけます。
応援どうぞよろしくお願いいたします。

つくって遊ぶ

かなぶん

ぽこいらぽこいら
むこむこぴーぽこ
ぷこいらぷこいら
もこもこぺーぽこ
ひいふうみいよお
いつむうなあ
なはははわははは
うほほほえほほほ
ぷこぷこぺこぽこ
ぱこぱこぴこぽこ
おっほんおっほん
うっへっほん!や!


繰り返しの事務作業を長時間やっていたら、頭が妙にすっきりしたのか、
トイレに立った瞬間に、じゅもんの言葉があふれ出た。
これがもう楽しくて、ひとしきり独りで遊ぶ。
ひとしきり遊べるのは、事務作業や家事作業の最中に限っていて、いやもちろん散歩中でもいいのだけれど、ちょっと難しい文章を書いている時や、人に何かを教えているときにはやろうとしても上手くできない。
ひょいと閃いた面白い発想も、使っているテキストに目をやろうものなら、ひとたまりもなくリズムが崩れて消えてしまう。
だから、人に何かを教えている時などは、結局上手く遊べない。

と、ところが、今日はあおはちゃんと結構遊んだ。
あおはちゃんは、私のところへ週に一度やってくる小1の女の子。
一応ピアノを習いにやってきている。
だけど今日も時間の大半を創作的なことに使ったような気がするな。
リズムづくりのゲームの宿題が、なんと人生ゲームのような様相になっていた。
2拍子のリズムをいくつかつくって、一つのまとまりあるリズム曲に仕上げるゲームなのだが、いつもの白い大きな紙は、さながら色とりどりのゲーム版に変貌していた。
隣のリズムへ行くのに、色々な障害に出くわしたり、突然現れた「ライオンガイコツ」と闘う難所を通過したり、じゃんけんに勝ったりしないと進んで行けない・・・。

このリズム人生ゲームを、とにかく二人で即興的に演奏するわけだからかなり興奮する。闘う場面のリズムも2拍子で単純なパターンと音に決めた。
負けたり、リズムを間違えたりすると、前のリズムに後戻り。
始めてみたら、これがかなり長い作品になった。
あおはちゃん作のリズムとアイディア。
彼女の創作力はたいへんなものだ。
キャラクターがいくつも登場するし、そのイメージに相応しい音やリズムの雰囲気も彼女の中にしっかり存在している。
だけど、物語はその場で決まる。
つくって遊んで演奏する醍醐味はかなりなもの。

とまあ、リズム楽器やら声やらピアノやらを使いながら二人で物語を進行させていくのは、ものすごくスリルがある。次がどうなるか見えないので、二人してわくわくドキドキ。
このドラマティックな即興想像物語が、ピアノの演奏に役立たないはずがない。
そしてピアノの連弾曲は、美しいメロディに挑戦した。
美しいメロディを歌うのに、呼吸の場所や呼吸の仕方が大切なんだとこの頃よく感じているあおはちゃん。
今日は指先が呼吸するのをうまく味わって、身体と腕にも息をさせたら、なんとも艶やかなメロディラインが生まれた。
いい感じだ。
いい気持ちだ。
ふう~む。。。。二人で深呼吸してレッスン終了。

終わったら、1時間20分経っていた・・。
つくって遊んで演奏して楽しくて、時間を忘れてしまうのはこれまた先生失格で。
ああ、どうしても30分のレッスンができない。。。
待っていらしたお父さんのことも忘れていた、というわけではないのだけれど・・・。

そして今日の宿題は、「じゅもんのことば」をつくってくること。
福田和禾子先生の『そうだったらいいのにな』を歌ったら、「じゅもんのことば」をいっぱいつくれそうだ!ということになったから。
その場だけでも二人でいくつもつくって遊んだ。
よし、来週までに私もつくるぞう!

福田和禾子先生が亡くなって一年。
明日はそのことを書いてみようか。


写真は、夏の終わりにあおはちゃんがつかまえたかなぶん。
「こんにちは!」と、玄関を開けるなり見せてくれた。
我が家に来るのは野外活動にもなっている。
というわけ。

Appendix

プロフィール

市原よしみ

Author:市原よしみ
音楽家、作詞家
うた・・うたいます。
ことば・・書きます。
ゆめ・・描きます。
こえ・・聴きます。
みみ・・澄まします。
いろ・・しあわせですす。
こども・・あこがれです。
かみさま・・すべてです。
めぐみ・・感謝だけ。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード